ビットフライヤーとBITMEXで一番重要な移動平均線(EMA)「1時間足の100EMA」を固定する−トレーディングビュー(TradingView)の裏技

最終更新: 2019年5月27日

ビットフライヤーとBITMEXで一番意識されている移動平均線をご存知ですか?

ビットフライヤーとBITMEXで一番意識されている移動平均線をご存知ですか?

それは、ズバリ1時間足の100EMA(指数平滑移動平均線)です。


ビットフライヤーとBITMEXのBTCチャートでは、この1時間足の100EMAがレジスタンスとサポートとして強力に機能しています。


でも1時間足の100EMAをどんな時間足でも常時表示しておくのは面倒ですし、現実的ではありません。


100EMAをどんな時間足でも常時表示するトレーディングビュー(TradingView)の裏技

そこで裏技!

1時間足の100EMAをどんな時間足でも常時表示してくれるインジケーターを使いましょう。


デイトレーダー・FXBTCのための「常時1時間足の100EMA(指数平滑移動平均線)を表示するインジケーター」です。



このリンクの説明欄の下の方に「★お気に入りスクリプトに追加」というボタンがありますので、そこをクリック。


すると、インジケーターの「お気に入り」に追加されて、いつでも呼び出すことができます。


インジケーターの検索欄から探す時は「FXBTC」と入力すれば見つかります。


BTC証拠金取引では見逃すことのできない移動平均線ですので、お気に入りの一つとして登録しておいてはいかがでしょうか。


あなたのオススメインジケーターも教えてくださいね。


ビデオでは、インジケーターの使い方をわかりやすく解説しています。こちらも併せてどうぞ。

それでは、また。


トレーディングビュー(TradingView)にまだ登録されていない方は、この機会にぜひ登録してみてはいかがでしょう。無料で利用できます。有料プランも30日間無料でいつでもやめられます。



コラム:ユーロ小話 ③ 欧州通貨統合案はアメリカ国務省で始まった。

欧州通貨統合の発案は1965年にアメリカ国務省で開かれた会談ではじまりました。どんなことでもアメリカ無しでは決められないことなんですね。ドルがなぜ強いかがわかります。


資料:https://www.upr.fr/wp-content/uploads/dossiers/DEPARTEMENT-D-ETAT-AMERICAIN-Note-du-11-juin-1965-V15.pdf


(出典:https://kurashi-no-blog.hatenablog.jp/entry/euro.eu 掲載許諾済み)


ユーロドルのチャートはこちら。


© AKUBI式チャート教室